古銭の価値

古銭を安易に買取に出すのはNG

目の前にある古銭や古コイン。その出自は様々でしょうが、その正確な価値や希少性を承知しているならば無理に買取査定に出す事は止め、なるべく自らの手で大切に保存してゆくのがベストに違いありません。
いくら貴重な物だからと言って、それを不動産の様な短期的な投機対象として捉え、安易に買取に出してしまうというのはあまりに勿体無いものです。古銭の価値は長い時代の流れの中で次第に熟成してゆくものであり、それは言い換えれば長く手元に置き大事に保存しておけばおく程に価値が上昇してゆく事に他ならないのです。
ただ手元の古銭がどれ程の歴史的・品質的な価値を備えているかを確認する為に、あえて古銭専門店や買取業者に査定を依頼してみるという手は十分にありでしょう。多くの業者は査定だけでも無料で受付けてくれるケースが多く、自分の古銭に対し的確な判断を下すのに大きな参考となってくれるに違いありません。
査定の結果、残念ながら予想よりはるかに下回る価値や査定額に終わってしまった場合にのみ、買取というオプションを選択する余地が出てくるものです。
査定額が低く終わってしまう原因として、古銭の傷や摩耗が激しかったりレリーフが不明瞭化していたりといった事が考えられます。どうしてもその査定に納得がいかない場合、当然セカンド・サードオピニオンとして他の業者へ査定に出す事も考えるべきでしょう。
また業者に査定を依頼する前に自らの目でその価値をある程度判断する事も大切です。ただ漫然と目の前の古銭を眺めていてもその眼力を養う事は出来ないのはもちろんの事。専門家から高い価値を認められた展示品を博物館や展示会で繰り返し観察したり、写真豊富な図鑑を購入し日々眺めるといった努力も将来きっと役に立つに違いありません。