古銭を買取に出す際に自分で価値を調べる必要がある理由

古銭を買取に出す前に必ず価値を調べろ

古銭の買取を利用しようと考えている人が事前にすべき事としては、自分の持っている古銭の価値というのをある程度調べて把握しておくということです。
これには理由が二つあります。

 

まず一つ目は古銭を所有している人の多くは祖父から譲り受けたなどの理由で所有しているので無知な人が多く、買取業者も出来るだけ安く買いつけたいと考える業者さんもたくさんあるので、ある程度知識がありますというアピールをすることで高価買取に繋がるからです。
良心的な買取業者さんでも最初の査定提示金額がマックスであることは少なくとも、その後に交渉の余地があるので交渉材料というのを持っておくことが重要です。

 

二つ目は自分に持っている古銭を整理できることです。
このことでプレミアがつくものつかないものを分けることが出来、中には所有し続けてより古く慣ればさらに価格が上がりそうなものも出てくるので、売るべきものとそうでないものの仕分けが出来ます。
そして、プレミアな古銭をうる際に例えば凄くプレミアが付きそうな同じ古銭が3枚あったとして、業者さんとしては古銭は今一部の人から需要があるというものなので、買いたい人は高値で買ってくれますが買い手を見つけるのが難しくもあるのです。

 

なので、三つ在庫を抱えるのはリスクもあることから査定金額が下がりやすくもあり、このようなケースの場合プレミアで被っているものに関しては違う3社に売り分けるということでトータスでの売却金額が上がるからです。