高く売れる古銭の種類とは

価値は希少性で決まる

古銭にも様々な種類があり、やはりその中でも高値で売れるものと売れないものは存在します。
今回はその中でも高値で買取してもらえる種類のものをいくつかご紹介します。

 

やはり古銭の価値を決めるものは、その希少性です。
例えいくら古い硬貨であっても、市場に多く出回っているものは価値も下がってしまいます。
希少性のあるものとして挙げられるのは、天正大判などの大判・小判のほか、天正菱大判金のような市場に6枚しか出回っていないものなどです。
穴銭にも古寛永と新寛永という二つの種類があり、この二つでは古寛永の方が流通量が少ないため価値が高いと言われています。
また、価値が高い古銭では元禄小判というものもあります。金としての価値はもちろんのこと、骨董品としての価値も高い古銭です。
そしてエラー古銭も価値の高いものの代表といえます。
エラー古銭とは穴ズレや刻印ミスがある古銭のことですが、ただでさえ価値の高い古銭がエラー古銭であることで更に買取価格が跳ね上がることがあります。

 

古銭は買取で高値がつく種類というのも大事ですが、高値をつけるために自身で心がけておくポイントもいくつかあります。
古銭は古ければ古いほど、流通量が少なくなり、骨董品としての価値が上がります。
ポイントとしては、古い古銭は汚れているものも多いですが、磨いたり洗ったりすることはおすすめできません。
洗ったり磨いたりした際に小銭を傷つけてしまい、逆に価値を下げてしまうというおそれがあるためです。
古銭は劣化や変色が起きやすいため、保存状態には気を配り、カビ防止剤などを使って出来るだけ良い状態を保つことが大事です。
ケースに入っているものは、取り出さずにそのままの状態で持っていくほうが、保存状態が良いとみなされるため買取価格で高値がつきやすいです。