古銭買取店を比較してみた|買取価格が高いおすすめ買取店は?

古銭買取なら出張買取・宅配買取がおすすめ

 

切手買取

 

古銭を売るなら出張買取・宅配買取がおすすめ♪

古銭買取店おすすめランキング

買取プレミアム

 

古銭買取/買取プレミアム

買取金額

買取プレミアム/買取金額

買取スタイル

宅配買取・出張買取・持込買取

入金日

出張・持込買取はその場で支払い 宅配買取は買取成立の翌日振込

宅配買取の店舗までの送料(キャンセル料含む)

無料

備考

出張査定費・キャンセル料・送料等 全て無料

 

 

↓買取プレミアムが一位の理由はコレだ!!↓

 

着物買取プレミアムは業界ナンバーワンの高価買取!

 

宅配買取・出張買取・持込買取に対応していて、お客様のニーズにしっかりと対応しています。

 

出張買取は全国どこでも対応しています。申込から最短で30分でご自宅まで伺います。

 

さすが古銭買取業界で年間ナンバーワンの買取件数だと納得できる買取店です。

 

↓買取プレミアムのダメなポイントを正直に発表!↓

 

出張買取・宅配買取であれば、その場で現金が貰えますが、
宅配買取ですと、買取成立の次の日に振込となってしまいますので、すぐに現金が必要、という方に買取プレミアムの宅配買取は不向きです。

 

買取プレミアム/公式サイト

 

>>買取プレミアムの詳細や口コミをチェック

 

スピード買取.jp

 

古銭買取/スピード買取.jp

 

買取金額

スピード買取.jp/買取金額

買取スタイル

宅配買取・出張買取・持込買取

入金日

出張・持込買取はその場で支払い 宅配買取は買取成立の翌日振込

宅配買取の店舗までの送料(キャンセル料含む)

無料

 

↓スピード買取.jpのおすすめポイントはココ!!↓

 

スピード買取.jpは宅配買取・出張買取・持込買取に対応しています。

 

申し込みから最短30分でご自宅まで査定員が伺います。

 

スピード買取.jp

 

↑公式サイトにこのように記載されているように、他店よりも1円でも安かった場合は全品返却とあるので、その点は安心できます。

 

↓スピード買取.jpのダメなポイントを正直に発表!↓

 

他店よりも1円でも安かった場合に返却するだけであって、1円でも高く買取して貰える訳ではないのが残念です。

 

スピード買取.jo/公式サイト

 

>>スピード買取.jpの詳細や口コミをチェック

 

福ちゃん

 

古銭買取/福ちゃん

 

買取金額

買取プレミアム/買取金額

買取スタイル

宅配買取・出張買取

入金日

出張買取はその場で支払い 宅配買取は買取成立の翌日振込

宅配買取の店舗までの送料(キャンセル料含む)

無料

 

↓福ちゃんのおすすめポイントはココ↓

 

福ちゃんでは、他店で買取不可な切手も買取可能!

 

汚れやバラ切手はもちろん、折れや使用済、台紙貼り状態でもOKです!

 

他店でお断りの切手は福ちゃんで買取してもらいましょう!

 

↓福ちゃんのダメなポイントを正直に発表!↓

 

公式サイトに記載されている買取実績が少なすぎて、買取金額が高いのか安いのか分からず不安になります。

 

福ちゃん/公式サイト

 

>>福ちゃんや口コミをチェック

古銭買取を体験した方の口コミ

 

古銭とは言っても、現在もある金種の旧100円玉や10円玉、50円玉などの昭和年代の古銭です。現在の形とは異なるものです。たくさんあったので、細かくは見ていませんが、10枚くらいはあったでしょうか。祖父の遺品を整理していたら出てきましたものです。なんとなく価値があるかなと思い、古銭の専門店へ買取を依頼してみました。持参したには額面で、800円くらいでした。結果から言いますと、額面よりは、高くなりました。(1000円くらいの査定額でした。)祖父の形見のようなものですから、大した金額になりませんでしたので、買取してもらわずに持ち帰らさせていただきました。査定をしてもらったのに申し訳ない気持ちでいっぱいでした。古銭やさんと雑談してわかったことがあります。高く買取してもらうには、それ相応のものでないとダメということです。@保存状態がいい。これは、当然ですよね。ボロボロでは、本当に希少価値がないとダメみたいです。A記念硬貨などの発行個数が決まっているもの。そもそも発行個数が決まっているということは、希少価値があるということですもんね。天皇陛下のご成婚やオリンピックなどの記念硬化がいいみたいですね。Bその硬化の材質が何かということです。古い100円玉は、銀でできていていたんですね。発行当時は銀が安価でしたが、現在は、当時より希少価値があるので、高値になるとのことでした。昭和に発行されているような硬化は、現在もある金種ですと、現在も窓口などでも使えます。そのような窓口などで使えるような硬化は高値は見込めないそうです。買取に出して見て、高値になるかと期待しましたが、残念でしたというところです。でも、祖父の形見として、大事にしておきたいと思います。


 

私の実家は地域でも多くの土地を持っていた名主でした。実家の父が亡くなった際に母が私に見て貰いたいものがあるということで、実家へ出かけたときのことです。蔵に古銭があるということで、買取に出せないだろうかという母の悩みでした。
学生時代に古銭の聞いたことがありましたが、そのときは興味がなかったため忘れていました。父は生前に先代から引き継いだ古銭を大切に保管していましたが、息子の世代になったら大切にしてくれる人たちに譲ってほしいと母に話していたことを私に打ち明けてくれました。
見せてくれた古銭は銅色が18枚あり、私はパソコンのインターネットを通じて情報を収集してみたことで大型五銭白銅貨ではないかとわかりました。蔵の18枚の古銭の1枚の拡大写真と買取サイトの写真を何度も確認するように見比べました。
埼玉に住んでいるため、地域の古銭の専門店に出張買取を依頼することにしました。無料で自宅まで来てくれるということで、私と母が見る中で専門家に鑑定してもらいました。希少価値はそこまでありませんが、大正6年から発行されたなどの時代背景も教えてもらいながら、18枚で3万円の提示されました。
保存状態や発行された年数などで価格にも多少の異なる部分の説明を受けました。本当は2万8000円でしたが、おまけして3万円の大台におまけしてくれたことがうれしい部分でした。
大型五銭白銅貨は1枚で1000円から1万円ほどの幅広い買取相場であり、詳しい価格の上がり下がりの理由の詳細は分かりませんでした。
この銅貨1枚が1000円だとしたら18000円になるので、母と話し合った際に3万円は満足できる価格だと考えました。考えていた5万円の価格よりも安かった部分がありましたが、せっかく鑑定してもらったり説明を受けたため、この地域の買取専門店を信用して買取を決断しました。
今回は総合的に満足できる古銭の買取ができたのではないかと考えています。


古銭の特徴

古銭は普通に生活しているだけでは馴染みのない物だと思いますが、古銭をコレクトしている人も多く趣味として楽しんでいる人も多くいます。古銭とは、現在流通していない昔の銭の事で簡単に言えば昔のお金です。厳密にいえば、寛永通宝以前の古い貨幣や中国から渡った開元通宝などを指します。古い家には古銭が残っている場合があるので、家族に聞いてい見ると古銭が見つかるかもしれません。古銭を集めるコレクターも多いですが、古銭の魅力としては、人によって様々ですが、新しく作られる事がないのが古銭なので、現在残っているものがすべてであり、歴史の一端を触れる事が出来るのが古銭の魅力と感じる人も多いです。古銭には、流通していた時代を象徴する役割を果たしたものを感じられ、古銭を見ると時代を懐かしく思い出す事も出来る様で、古銭のコレクターは年配の方が多いのも特徴と言えます。古銭は、買取を依頼する事も可能で、古銭の価格は、オークションなどでも取引されていて、希少価値のある何枚しか出回っていないレア物であれば高額買取が期待できます。中には1000万円以上の価値がある古銭もあります。古銭の集め方としては、購入する事がベターで、昭和の古銭であれば値段もそこまで高くないので、初心者の人は自分の生活で無理しない程度の集め方をすれば良いです。古銭は、気軽に始める事が出来て、時代を感じる事や懐かしむ魅力もあるので、趣味として楽しむ事をおすすめします。

どのような古銭が高く売れる?

古銭が実際にはどのくらいの価値があり、どのくらいの値段で売買されているのかは収集を趣味にしている人も、趣味にしていない人も興味があることでしょう。とくに収集を趣味にしている人に取っては、収集に関する情報としても大きな価値を持つものです。最近ではインターネットを調べれば、それぞれの古銭の相場はある程度わかりますが、高値のつく古銭とはどのような条件が必要なのでしょうか。
古銭が高値がつく条件は主に3つと考えてもいいでしょう。
一つ目はは時代性です。基本的には古ければ古いほど発行された枚数や現存する枚数が少なくなることが考えられます。それに古ければ歴史的な価値があることがから、時代性は高くなる要因です。
二つ目はは希少性です。これは古銭に高値のつくかどうかという面においては最大の条件と言っていいでしょう。一つ目の時代性も希少性にはかないません。比較的新しいとされていても現存する枚数が非常に少ない場合には時代が古い古銭よりもはるかに高値がつくことが珍しくありません。希少性は高値がつく条件でもっとも重視されていると言っていいでしょう。
最後に保存性です。購入したいという人から考えてみればわかりますが、同じ購入するなら保存状態が良いものを購入したいと思っているものです。ただし、古銭はかなり古いものもありますから、誰も新品のようなものを欲しているのではありません。古銭らしい古さはありながら、しっかりと保存されているようなものがいいのです。

古銭買取の流れ

古くなった物は処分をしないと家のスペースなどを取ってしまうこともありますが、そこで最近人気になってきているのが買取サービスでしょう。衣服やバッグのブランド品や貴金属なども人気がありますが、骨董品などでは古銭の買取サービスも色々なお店があります。さてこの古銭なのですが、実際にスペースを取らないために簡単にコレクションが出来るために人気のジャンルでもあります。古い貨幣も人気なのですがより簡単に購入できるものとしては記念硬貨などもコレクションとして人気があります。これらの記念硬貨などは比較的種類が判別しやすいのですが、古銭に関してはいったいどれだけの価値があるのか素人では判断がしずらいという点があります。

 

さて古銭の買取サービスなのですが、まずは古銭などの骨董品をしっかりと扱っているお店を選ぶのが良いでしょう。そのサイトなどに該当する商品が載っていることもあるので便利なのですが、最近では鑑定方法としては写真鑑定を行っているお店も少なくないです。硬貨に関しては表面と裏面がしっかりと分かれば判別可能なものが多いので、その二枚を写メなどで撮って写真鑑定をしてもらうのがとても便利となっています。また古銭の買取サービスでもう一つ便利なのは、出張買取のサービスでしょう。これは実際に鑑定士さんやスタッフさんが自宅まで来てくれてその場で鑑定をしてくれるサービスとなっています。貨幣に関しては比較的量が多くなることもあるので、一括で鑑定してもらいたい時には出張鑑定のサービスを選ぶのがいいでしょう。もちろん鑑定に関してはお店でお値段が違ってくることもあるので、比較するために複数件の鑑定をしておくのをお勧めします。

古銭を発見した際に絶対にやってはいけない事

自宅の古い倉庫を整理している最中不意に出てきたり、あるいは知人や肉親から譲り受けたりする等、具体的な出自や価値も知らないままに纏まった数の古銭を手にするケースというのは意外と珍しくは無いものです。
それらのアイテムに対し、自分がどの程度の思い入れを持つかによってその扱いは異なるのですが、あまり古銭に対して深い興味や思い入れが無い場合、当然そのままでは現代の通貨として利用出来ませんから、それ自体が持つ骨董的な価値を期待して買取に出す、というのが最も頻繁に取られる方法となるでしょう。
その際最も活用されるのはもちろん古銭を専門に扱うショップや業者。査定額に何の期待も抱いていないのであれば、近隣にあるリサイクルショップや質屋に買取ってもらうという方法もあるのですが、中にはプロフェッショナルの鑑定でしか判明し得ない貴重な価値を持つ古銭が含まれているかも知れず、万全を期すならやはりプロの鑑定スタッフが常駐している専門ショップや業者に査定・買取を委ねた方がベストなのです。
古銭を買取査定に出す際に意外と重要となるのが、出てきた当時の現状をなるべく保存したまま持ち込むという事。倉庫の奥で眠っていた多くの古銭は多少なりとも表面が酸化して本来の色艶を失い、くすんだ色合いとなっているものなのですが、少しでも高い査定を受けようと磨き上げ強引に色艶を復活させてしまう様な事をしてはいけません。
価値の高い古銭は見付かった当時の状態だけで相当の歴史的価値を有しているかも知れず、それを後から人為的に手を加える事によってそれらの価値を無くしてしまう様な事があってはならないのです。もちろんそれにより大きく査定額が下がる事を覚悟しなければなりません。
買取査定に持ち込むのであれば、それを決定した瞬間から古銭には手を触れず、厳重にパッケージを施しなるべく早めに持ち込むべきでしょう。また査定結果の折にそれらの出自や知識について色々と教えてもらえば、今後同じ事態に遭遇した時の対処の仕方や目利きに大きな力となってくれるに違いありません。

古銭買取で宅配・出張買取をおすすめしている理由

中古アイテムの中でも原材料的にかなり重いアイテムも含まれるものですが、その中でも自宅の倉庫や納屋から出て来る大量の古銭は典型的な物でしょう。
数枚、数十枚程度であれば扱いにそれ程苦労するものではありませんが、これが箱等に収められた数百もの単位となれば話は別。持ち運ぶだけでかなりの労力が要求されますし、またそう気軽に買取業者に査定に持ち込めるものでもありません。
これらの査定・買取に大変有利なシステムが古銭専門ショップや業者が展開している在宅OKの出張査定・買取システムです。予めそれらショップや業者のメールフォームに必要な事項と査定に出したい古銭の詳細な写真数枚を添付し送信すれば、こちらの都合の良い日時にショップや業者のスタッフが自宅を訪問、対象となる古銭の現物をチェックし査定額を提示してくれます。
それに同意出来れば商談は成立し、大量の古銭はスタッフが責任を持って引取ってくれ、その場あるいは後に指定の銀行口座に対し代金が支払われるというシステムです。こちらが重い大量の古銭を店頭や営業所に持ち込む負担は一切無く、また運搬の責任も全てショップや業者が負ってくれるので安心なのです。
仮に思ったよりも査定額が付かなかったとしても、基本的に出張費や査定に関する手数料は無料というケースが多いですから、決して損にはならないもの。またそもそもそういったショップや業者が地理的に遠く容易に訪問出来ないという時に、最も大きな利便性を発揮してくれるシステムなのです。
肝心の査定結果にガッカリしない為にも、出張査定・買取を依頼するなら事前に自ら出来る限りのリサーチと鮮明な写真撮影が求められるものですが、いずれにせよ、大量の古銭を処分するには最も理想的な手段に違いないのです。

押し入れから古銭・・・

古い家の押し入れを整理していたら、古銭が出てくることはあるかもしれません。小銭だと思ってがっかりしないでください。もしかしたら高値の物があるかもしれません。
江戸時代やそれより昔の古銭であれば、お宝を発見したような気にもなるでしょうが、さすがにそんなものは発掘のレベルで、なかなかないと思います。でも、明治以降の物なら、おじいさん又はひいおじいさんの代に、普通に置きっぱなしになっている場合があるでしょう。そんな時はちょっと調べてみてください。
例えば、明治30年から明治38年にかけて造られた「5銭白銅貨」です。美品に限られますが高値で取引されています。特に明治36年ものは10万円以上の価値になることもあるようです。古銭も馬鹿には出来ませんね。
もう一つ例を挙げるならば、明治7年から大正3年にかけて造られた1円銀貨です。表に龍が描かれていて、裏面に「一圓」と刻まれています。明治20年までに造られたものは、相当な美品に限った話ですが、50万円の価値が付く事もあるそうです。
これもすごいですね。ただいずれも美品であることが条件になっています。古銭があるだけでもすごいと思いますが、きれいな状態で残っているなんて、なかなか難しいことです。では、こんな場合はどうでしょうか。
先祖にコレクターがいた場合、かなりの確率で美品が残っているかもしれません。「古銭や古紙幣の収集が趣味のおじいさんでした」なんていう家はわくわくしますね。

古銭の買取査定は慎重に

ご自宅にある古銭はどのくらい価値があるのか調べてみたい。出来れば買取をお願いしたい。そのような場合、少しでも損をしないように高く買取ってくれる業者なら嬉しいですよね?
実は古銭は査定をする業者によってその価格に大きな差が生じることがあるのです。
査定は数多くの業者が引き受けてくれるものの、その鑑定力についてはマチマチであるのが事実。実際に同じ古銭を査定してもらって出た結果が1,200円という業者があれば10万円という業者もあります。
ではどうしてそのような鑑定に誤差が生まれるのでしょうか?
それは知識と経験に長けた査定士が業者に在籍しているケースといないケースがあるからです。
例を挙げますと古銭の打刻されている文字の細かなところに価値を見出せるか否か、優れた査定士であれば見極めて良い価格を出すでしょうが、経験の浅い査定士の場合は見逃してしまい安い査定額を出してしまうでしょう。
つまり、1つの業者での査定結果で判断せずに他の買取業者にも相見積りをすることが大切なのです。
では相見積もりの良い方法をお知らせしますと、ウェブからのメールやLINE査定を行ってみることをオススメします。
お持ちのスマートフォンなどで撮影し、そのデータをサイトから見積もりが可能な複数の業者に送信。宅配買取を受け付けている業者であればほとんどの場合はこの簡易的な査定でも詳細な価格を提示してくれます。
出張買取は便利でありその場で現金を手に出来るのですが、満足行かない査定額が出たときにキャンセルしにくいというデメリットもあります。したがって、より高い査定額で売ることが出来るように宅配買取をするのが良いでしょう。
多くの業者では無料のキットを送付してくれますのでとても簡単便利です。古銭を少しでも高い価値で引き取ってもらえるよう参考になさってくださいね。